山田養蜂場の国産ハチミツを取り寄せました

岡山県鏡野町にある山田養蜂場の国産ハチミツを取り寄せてみました。取り寄せたのは、国内産の貴重なはちみつシリーズ「里山はちみつ」の中から、「里山のれんげ蜂蜜」「里山のあかしあ蜂蜜」「里山の百花蜂蜜」と「しょうがはちみつ漬」です。

080101yamada1.jpg

はちみつをたくさん使うようになった

このブログの記事でも書きましたが、最近ビタントニオのワッフルメーカーを使ってアメリカンワッフルを焼くようになりました。これにハチミツを使います。

また、ここのところのどが痛かったので、ショウガ湯にはちみつを入れて飲んでいたので、結構蜂蜜をたくさん使うようになりました。

スーパーの蜂蜜はほとんど外国産

今まではめったにハチミツを使わなかったので、スーパーではちみつを買っていたのですが、実はスーパーの蜂蜜はほとんど外国産です。

国産蜂蜜を買おうと思ったのですが、実は国産蜂蜜は、スーパーで販売している蜂蜜に比べると、かなり値段が高いです。

正直、うーん、どうしようかと迷ったのですが、高いけど国産はちみつを買うことにしました。

食べたもので作られている身体

わたしたちの身体は食べたもので作られていくわけですから、せっかくおやつを手作りして、こどもに食べさせているのに、その原料が安心安全でなければ、手作りしている意味がありません。

山田養蜂場で買いました

どこの国産はちみつを買おうか?と思ったところ、以前ロイヤルゼリーを購入していた山田養蜂場が思い浮かびました。

岡山県の養蜂場ですし、ここは地産地消岡山ということで、山田養蜂場で買うことにしました。

国内産里山のはちみつ

山田養蜂場では国内産のはちみつと海外の蜂蜜と両方販売しています。「里山のはちみつ」シリーズが国内産のはちみつです。

「里山のはちみつ」も、蜂が蜜を集めてくる花によって、れんげ蜂蜜、あかしあ蜂蜜などいくつも種類があります。

今回は、「里山のれんげ蜂蜜」「里山のあかしあ蜂蜜」「里山の百花蜂蜜」の一番少ないプラ容器入を購入しました。

080101yamada1.jpg

ラベルにもきちんと「国産」と表示がしてありました。

080101yamada2.jpg

味が違う蜂蜜

スーパーで買った蜂蜜を食べた時は、どれも似通ったような味で特に味の違いを意識したことはないのですが、里山の蜂蜜をホット蜂蜜にして飲むと、味の違いが感じられてちょっと驚きです。

早速、れんげ蜂蜜とあかしあ蜂蜜を飲んでみたのですが、なじみのあるレンゲ蜂蜜より、アカシア蜂蜜の方が、自分的にはくせがなくて、飲みやすかったのが意外でした。

しょうがはちみつ漬も買いましたが、こちらはまた後日食べたらレポートしたいと思います。

080101yamada3.jpg

高い値段には理由がある

国産の蜂蜜は、現在生産量も少なく、とても貴重なものです。値段も高くて当たり前なんですね。

ちょっと高い買い物ではありますが、買ってみて口にあったので、子どもたちのため、しばらく山田養蜂場の国産蜂蜜を買うことにしようと思いました。

※ご存知かとは思いますが、はちみつは満1歳未満の乳児には食べさせちゃだめですよー!

タイトルとURLをコピーしました