ゴンチャロフ製菓のバレンタイン用プレーンチョコレート

ゴンチャロフ製菓のバレンタイン用のプレーンチョコレートギフト「GLADYS」5個入りを購入してみました。

080126gon3.jpg

ゴンチャロフ製菓とは

ゴンチャロフ製菓とは、大正12年にロシア人のマカロフ・ゴンチャロフ氏が神戸で日本初のファンシーチョコレートを作り出したのが始まりの日本のお菓子メーカーです。

ゴンチャロフという名前はよく聞くのですが、あまり食べる機会がないので、バレンタイン用のチョコレートを買ってみることにしました。

安心の心遣い

購入したのは、「GLADYS」というシリーズですが、真っ赤なパッケージであまりにあっさりしてるなあと思ったのですが、

080126gon1.jpg

外の箱を取ってみると、中にちゃんとリボンがかけてありました。

080126gon2.jpg

リボンがつぶれないように、外箱があったんですね。う?ん、心遣いがすごいわ。

プレーンチョコレートが好きなんです

さて、わたし自身は、チョコレートだといろいろバリエーションを試してみたい方ですが、主人は一番好きなのは、定番のプレーンチョコレートなので、買ってるのはプレーンチョコレートばかりです。

でも、プレーンチョコレートならごまかしがきかない、ってのもありますよね。チョコレートの実力を見るには、良いのかもしれません。

さて、こちらが、ゴンチャロフのプレーンチョコレート「GLADYS」。

080126gon3.jpg

スイートチョコレート(スイートチョコレートとweb等では説明されていますが、食べた感じは軽めのビターです。)が2個、ミルクチョコレートが3個入っています。

一人で全部食べるわけにはいかないので、ハート形のミルクチョコレートとスクエア型のスイートチョコレートを一つづつ食べてみました。

080126gon4.jpg

ミルクチョコレートは、割と甘めですね。スイートチョコレートは、ややほろ苦い感じはありますが、甘さも同時にある感じで、割と食べやすいビターです。

甘い方が好きな方にオススメですね。甘いのが苦手な方には苦しいかもしれません。

こちらはミルクチョコレート。

080126gon5.jpg

ちょっと小さめの明るい色のミルクとちょっとダークな色のスイートのチョコレート。

080126gon6.jpg

値段も手頃で食べやすいので、義理チョコにも良さそうです。

以下は、ゴンチャロフのバレンタイン用チョコレートギフトの販売情報です。興味のある方は、ご参考になさってください。

ゴンチャロフのチョコレートは、各百貨店のネットショップのほか、ゴンチャロフ楽天市場店でお取り寄せできます。

百貨店のネットショップでは、以下のリンク先で「ゴンチャロフ」で検索すると見つかります。

▶ バレンタイン特集2019|大丸松坂屋オンラインショッピング
▶ 東急百貨店ネットショッピング
▶ 阪急百貨店公式通販 HANKYU FOOD
▶ 阪神オンラインショッピング
▶ 近鉄百貨店
▶ 小田急百貨店

▶ ゴンチャロフ

タイトルとURLをコピーしました