美味!霧笛楼オマール海老のビスク

霧笛楼オマール海老のビスク:霧笛楼:神奈川県横浜市

今回新発売になった、横浜元町のレストラン霧笛楼のスープをお試しすることになりました。

101216mutekiro1.jpg

美味しそう!

霧笛楼コーンクリームスープ、霧笛楼茸のクリームスープ、霧笛楼オマール海老のビスクの3種類です。

101216mutekiro2.jpg

まずは、霧笛楼オマール海老のビスクのスープからいただくことに。

101216mutekiro3.jpg

丁寧にじっくり作ったスープということですが、管理人は原材料欄を見て判断する派。

旨いかどうかは食べてみないとわからない、と思ったのですが、届いたスープの原材料欄を見て、認識変更!

101216mutekiro4.jpg

このスープ、ただものではない。

絶対イケてる!

管理人のグルメハンターの本能がそう告げております。

なんと美しい原材料欄なんだ!

どんなにいいこと書いてあっても、原材料欄見たら、その食品を作ってる企業の姿勢はわかってしまう、というのが、管理人の持論。

だからこそ、ブログにも、できる限り、原材料欄の写真を載せているわけですが・・・。

そこから、判断すると、この霧笛楼さんのスープ、かなりいい仕事です。

ちなみに、レトルトパウチなので、お湯であたためるか、電子レンジでチンするだけ。

101216mutekiro5.jpg

美味しそうなスープなので、お湯であたため、敬意を表して、ウェッジウッドのスープ皿でいただくことに。

101216mutekiro6.jpg

普段は敷かない、ランチョンマットまで、敷いてみました。

ご飯も同じく、ウェッジウッドのお皿に盛り付け。

今回いただいたスープは、霧笛楼オマール海老のビスク。

101216mutekiro7.jpg

国産親鳥のもも肉のみで、長時間かけて作り上げた繊細なブイヨンをベースに、白トリュフを贅沢に使い、香り豊かなオマール海老のビスクに仕上がっています。

101216mutekiro8.jpg

管理人もそうそう、オマール海老とか食べる機会はないのですが、海鮮系にありがちな生臭さというものは、皆目なく、海老系の旨みが、ベースのブイヨンによくマッチして、美味しく仕上がっています。

具は特に入っていませんが、これは、スープをじっくりと味わって欲しいという、シェフの心意気でしょう。

霧笛楼オマール海老のビスクのカロリー表示とか。

101216mutekiro9.jpg

たかがスープ、されどスープ。

お昼ご飯にいただきましたが、美味しかったので、すごく幸せな気分になりました。

101216mutekiro10.jpg

美味しいねー、これはっ!

グルメな方へのギフトによさそう。

霧笛楼スープレポート、まだまだ続きます。

タイトルとURLをコピーしました