ローミン(撈麺)を作ってみた

いつもおじゃましているわだブログさんで「ローミン(撈麺)」という料理の作り方が紹介されていました。なんだかすごく美味しそうで、むしょうに食べたくなり、自分も作ってみることにしました。

080509rohmin1.jpg

ローミンの材料

わださんのブログによれば、ローミンは香港のメジャーな屋台料理らしく、主婦のおやつ代わりでもあるらしいです。

わださんのブログを参考にして、今回使った材料はこちら。(しょうゆはうつってないけど。)

080509rohmin2.jpg

細打ちぢれ麺、マイタケ、豚の角煮、万能ねぎ、しょうゆ、オイスターソース。

ローミンの作り方

作り方はとても簡単で、

1 まいたけは軽くほぐす。万能ねぎはざくぎり。豚の角煮を小鉢に移し、ラップをかけ、すぐ電子レンジであたためれるようにしておく。湯をわかす。
2 麺をゆでる。(今回の麺は1分30秒)麺をお湯に入れたら、電子レンジをスタート。
3 フライパンに油をひき、まいたけをいためる。
4 ゆであがった麺をフライパンに投入。
5 マイタケがいたまったら、醤油とオイスターソースをかけてからめる。
(今回は醤油大さじ1、オイスターソース大さじ1、好みで加減)
6 麺とマイタケを皿に盛り、ざく切りにした万能ねぎ、温めた豚の角煮をのせる。

ローミンできあがり

で、作ったら、こんな風になりました。

080509rohmin5.jpg

早速いただくと、今まで食べたことのない味。中華味ってのとも違うなあ。そもそもオイスターソース、ふだんはあまり使わないし、さらにオイスターソース味の麺なんて、食べたことないかも。

結構濃い味で、はしが進みます。うん、割とイケる味かも。

今回、しょうゆ大さじ1、オイスターソース大さじ1だと、ちょっと辛めだったので、次回は、しょうゆをやや控えめで作ってみたいと思います。

主婦のお昼ご飯って、どうしても、栄養がかたよったり、できあいのものになったりして、頭の痛いところです。かといって、本腰入れて料理するのも、正直面倒くさい。

ローミンなら、本当に簡単に作れるので、お昼ご飯用に、レパートリーに加えるといいかも。最近はまっている、キャベツとベーコンの中華スープスパゲティとともに、お昼の定番になりそうです。

ローミンの材料費

ちなみに、気になるローミンの材料費は、

麺 ¥88
万能ねぎ ¥98÷4(4分の1くらい使ったから)=¥25くらい
マイタケ ¥128
—————
ここまでで¥241

豚角煮がちょっと高くて¥258
計¥499

できれば、300円くらいにおさえたいところですが、豚角煮が結構高くつくなあ。前日の晩ご飯で豚角煮を食べたら、翌日用に少し残しておく、ってな感じでしょうか。

ちなみに、今回使った豚角煮は、グリコ麺好亭(めんはおてい)の豚角煮。

080509rohmin3.jpg

とりあえず、リン酸塩の表示のないものを買ったのですが・・・

080509rohmin4.jpg

豚角煮や、ハム、焼き豚は、食品添加物のリン酸塩が入っている物が多く、わたしはリン酸塩が好きじゃないので、無添加のものを探すのが大変です。

今まで、あまり、需要がなかったんだけど、ローミン食べるなら、豚角煮か、焼き豚の安くて、安全なのを探さないといけないな。

ローミンまとめ

今までにないタイプの麺類で、美味しかったです。何より、ちゃちゃっと、とても簡単に作れるのが嬉しい。これから、お昼ご飯にちょくちょく作ろうと思います。

わださん、ありがとう♪

タイトルとURLをコピーしました