水の備蓄用に通販で南太平洋の楽園フィジーの地下水が水源のフィジーウォーターを取り寄せる

フィジーウォーター:こだわり商品研究所

今回は、管理人が以前から注目しているフィジーウォーターのレポート。

110905fiji1.jpg

以前の記事でご紹介したフィジーウォーターを、こだわり商品研究所さんのご好意でお試しできることになりました。

こちらが、届いたフィジーウォーター500ml×24本入りです。

110905fiji2.jpg

南半球の水

このフィジーウォーターは南太平洋のフィジー諸島で採取されたものだそうです。

フィジーウォーターに入っていたパンフレットの言葉を借りますと、

酸性雨や汚染された大気、産業廃棄物などとは無鉛の環境にあるフィジー。フィジーウォーターは、そんな手つかずの大自然が残る熱帯雨林地帯、火山岩の地下水が水源です。まさに、自然の結晶ともいえるフィジーウォーターは、秘圧地下水帯から一切外気に触れることなくピュアな状態でボトリングされます。

ということで、採水環境も問題なさそう。

軟水のフィジーウォーター

さらに、わたしたち日本人が普段飲んでいる日本の水道水は軟水ですが、フィジーウォーターも同じく軟水。

ヨーロッパなどだと硬水のところもあり、そうすると、料理などは、若干味がかわってくるようです。

できれば、普段と同じ軟水を飲みたいという希望も満たしてくれます。

フィジーウォーターレポート

さて、前置きはこれくらいにして、届いたフィジーウォーターのレポートです。

24本入りでしたが、6本ずつまとまって入っています。

110905fiji3.jpg

今回取り寄せたのは、500mlですが、サイズは、330ml、1000mlもあります。

110905fiji4.jpg

南国を彷彿とさせるトロピカルでおしゃれなデザイン。

110905fiji5.jpg

フィジーウォーターの栄養成分表示。

110905fiji6.jpg

美のミネラルといわえる「シリカ」をはじめ、豊富で有用なミネラルを大量に含んでいるそうです。

ヤンガラビチレブということころで採水し、ロールフーズトレーディングジャパン合同会社というところが輸入しています。

110905fiji7.jpg

「キャップを開けるまで外気に触れていません」とメモ書きがされています。

フィジーウォーターの味

では、早速フィジーウォーターを飲んでみることにします。

特に冷やさず、とりあえず、箱から出したのをそのまま常温で飲んでみます。

110905fiji8.jpg

ふむ。まろやかな味わいですね。

ほんのり甘味があるような気がします。

とても飲みやすい感じです。

110905fiji9.jpg

フィジーウォーター飲んでみると美味しいので、今後は、お茶を飲むかわりに、水分補給はフィジーウォーターにしようか、と思います。

110905fiji10.jpg

こだわり商品研究所とは

さて、最後に今回フィジーウォーターをご提供いただいたこだわり商品研究所のご紹介。

こだわり商品研究所は、「モノマニア」のリツメイ・コーポレーションが運営する、各分野における「納得できる」確かな商品だけを厳選してご紹介している!という通販ネットショップです。

商品紹介も、メーカー・開発者から直接説明を受け、詳しく紹介しているそうですよ。

へーっ!

ちょっと、ドリンクを検索してみると・・・

こだわり商品研究所で販売されている水は、このフィジーウォーターだけでした。

こだわり商品研究所イチオシの水、ってことですね。

ということで、どうせ、水の備蓄をするなら、今後はフィジーウォーターを備蓄しようと思います。

ちなみに、これはどこのネットショップもそうですが、災害が起こると、急に注文が増えて品切れになったり、お届けが遅くなったりするので、在庫がある時に早めに備蓄するのがポイントです。

現在備蓄がない、あるいは不足しているなら、すぐに備蓄した方がいいと思います。

? こだわり商品研究所
icon

【オススメ防災食!】
▶ 温め不要スティックタイプ森下仁丹食養生カレー・・・New!
▶ 尾西のアルファ米
▶ ボローニャパンの缶詰

※ 商品やセットの値段や内容・送料については、記事執筆当時あるいは更新当時の内容です。変更になっている場合もありますので、ご利用の際は必ず各自でご確認ください。

スポンサーリンク
防災非常食・備蓄・災害対策特集
スポンサーリンク
たからにゃをフォローする
通販お取り寄せレビューJP
タイトルとURLをコピーしました