関孫六匠創のディンプル三徳包丁を買ってみた

今持っているグローバルの包丁がちょい切れ味が鈍ってきて、研ぎ直しをしたいんだけど、その間包丁がないと困るので、関孫六匠創のディンプル三徳包丁を買ってみた。

091218hocho1.jpg

本当は、グローバルの包丁をもう一本買うつもりだったんだけど、なにぶん、まあ、家計も厳しいということで、8000円レベルのグローバル包丁が、いつのまにか、関孫六匠創のディンプル三徳包丁3280円になっていた。

安さに負けた。まあ、いい、想定外というのはよくあることだ。

あと、オールアバウトスタイルストアで取り扱ってるので結構いいのかもね、と思ったのもある。

ステンレス一体型

関孫六匠創のディンプル三徳包丁でも良いかなと思ったのは、グローバルの包丁と同じく、オールステンレス一体型だったこと。

091218hocho2.jpg

これ、グローバルでも使いやすくて良いのです。

食器洗い乾燥機対応

さらに、普通刃物は、食器洗い洗浄機に入れると、切れ味が悪くなるから、入れちゃいけないものが多いと認識していたのだけれど、食洗機対応とあったので、心が動いたのも確か。

切れ味はグローバルが上

さて、上が現在使っているグローバルの文化包丁で、下が今回買った関孫六のディンプル三徳包丁。

091218hocho3.jpg

グローバルの方がやや刃渡りが長いか。

091218hocho4.jpg

切れ味は、正直、グローバルの方が断然上だと思う。

関孫六も悪くはないけど、初めてグローバルを使った時みたいな感動はなかった。

ま、8000円クラスと3000円から5000円クラスを比べちゃ無理があるよね。

刃にはこんな溝がついている。

091218hocho5.jpg

刃全体にこんな風についてる。

091218hocho6.jpg

グリップは関孫六

関孫六のディンプル三徳包丁のグリップ部分。

091218hocho7.jpg

実は、グローバルの文化包丁と比べるとずいぶん太い。

091218hocho8.jpg

しかし、これが結構持ちやすい。

091218hocho9.jpg

握った感じは、関孫六のディンプル三徳包丁の方がしっくり手になじむ感じ。

091218hocho10.jpg

関孫六のディンプル三徳包丁まとめ

この値段でこの切れ味なら普通だと思います。

オールステンレスで、食器洗い乾燥機対応なので、手入れは簡単で取り扱いやすいと思います。

ただ、切れ味を求めるなら、もうちょい追加して、グローバルの包丁を買うことをおすすめします。

わたしの印象では、切れ味のややにぶったグローバル=関孫六のディンプル三徳包丁という感じです。

▶ ディノスで買ったグローバル文化包丁のレビューはこちら

※ 商品やセットの値段や内容・送料については、記事執筆当時あるいは更新当時の内容です。変更になっている場合もありますので、ご利用の際は必ず各自でご確認ください。

スポンサーリンク
包丁・ナイフスタンド
スポンサーリンク
たからにゃをフォローする
通販お取り寄せレビューJP
タイトルとURLをコピーしました