日本ガイシのファインセラミックフィルター浄水器C1(シー・ワン)買いました

日本ガイシのファインセラミックフィルター浄水器C1を買いました。

090529c11.jpg

今まで使っていた浄水器

今までは、生協の「虹の四季」という蛇口取り付け型の浄水器を使っていました。

090529c12.jpg

この「虹の四季」、悪くはないのですが、蛇口周りに水あかがたまって、結構頻繁に掃除が必要であることと、毎月、カートリッジを取り替えなくてはならないことが、次第と面倒になってきました。

また、小さなカートリッジを取り替えるだけなので、なんとなく、この水、そのまま飲んでも大丈夫か?と、感情面で納得できず、結局、水を買ってました。もったいねー。

これから夏になると、カートリッジは頻繁に交換が必要だし、アイスティー用に水はたくさん使うし、わたしもよく水を飲むしで、水道水を飲める浄水器をつけよう、と思って、日本ガイシのC1を買いました。

日本ガイシのC1/シー・ワン

日本ガイシというと、水処理や排ガス処理技術でよく知られているメーカーです。

C1の浄水用フィルターは、大手飲料・薬品メーカーも採用しているすぐれものです。

C1/シー・ワンの利点

そんなすぐれものの浄水器が6万円前後(記事執筆時点)で手に入ります。

1年半に1回、カートリッジ交換(記事執筆時点で1万5千円くらい)が必要ですが、それを考えても、我が家では、ペットボトルの水を買う費用、毎月カートリッジを交換する費用と、とんとんくらいです。

しかも、1回C1を設置すれば、毎回カートリッジを交換する手間もないし、ペットボトルの水を買ってきて、運んで、冷蔵庫に入れ替えて、ペットボトルを分別して捨てて、という手間がなくなるのです。

おまけに、水が美味しいらしい!

意外と邪魔にならず、便利なC1/シー・ワン

置いたら、場所をとって邪魔なんじゃないか、という心配もありましたが、実際置いてみると、それほど邪魔ではなくて、すっきりした感じです。

何より、薬を飲むときに、蛇口をひねれば、すぐ飲める水がでるのが、なんとも嬉しい!

今まで、水のペットボトルを冷やして、開けて、ついで、しめて、しまって、という手間が結構かかってたんだな、とその便利さに感動です。

C1到着レポート

ということで、C1/シーワン到着・開梱レポートです。

では、届いたC1を開けてみます。

これは、蛇口のところに取り付ける切替コックですね。

090529c13.jpg

今まで使っていた生協の虹の四季と比べると、切替コックはやや小さめです。

090529c14.jpg

これが、C1/シー・ワン本体。

090529c15.jpg

かんたん取り付けシートと、取り付けパーツがついています。

090529c16.jpg

パーツは、取り付け付属品、ボタン電池、結束バンド。

090529c17.jpg

本体上部。左下の黒い部分がボタン電池取り付け場所です。

090529c18.jpg

向かって右側に、ステンレスの管がついています。このステンレスの管の先から、浄水が出ます。ステンレス管は、上下に上げ下げできます。

090529c19.jpg

本体は、ぐりんと回ります。

090529c110.jpg

こう、ぐりんと。

090529c111.jpg

とりあえず、C1を流しに置いてみました。こんな感じになるかな。やや手狭になりますが、美味しい水を飲めるのですから、そこは我慢します。

090529c112.jpg

では、早速取り付けC1設置編へ。

続く >>>

タイトルとURLをコピーしました