ブランドチョコレートバレンタイン

ブランドチョコレートのネットショップ販売情報

□チョコレート実食レポート ホワイトデー

北海道銘菓「雪花青/せっかせい」

投稿日:2009年3月6日 更新日:

雪花青/せっかせい:青華堂:北海道山越郡長万部町

先日から、ホワイトデーコーナーでなぜか、北海道銘菓の「雪花青」をよく見かけて、なんで、ホワイトデーに北海道銘菓?って気になったので、つい買ってしまいました。

090306sekkasei1.jpg

まろやかでマイルドな甘さのきらきら不思議なイメージのホワイトチョコでした。


ちなみに、この「雪花青」は、「せっかせい」と読むようです。

090306sekkasei2.jpg

作ってるのは、北海道長万部町の青華堂というお店。原材料など。

090306sekkasei3.jpg

外の包装紙を取り去ったところ。

090306sekkasei4.jpg

北海道銘菓と聞くと、わたしなどは、すぐに白い恋人を連想するのですが、さて、雪花青っていったいどんなお菓子なのでしょう?

箱の封印シールには、雪の結晶のデザイン。

090306sekkasei5.jpg

中に入っていたのは、青い小袋に入った雪花青。

090306sekkasei6.jpg

こう、持った感じでは、薄くて何かクッキーぽい感じですが?

090306sekkasei7.jpg

裏側にはトナカイ?

090306sekkasei8.jpg

そして出てきたお待ちかね雪花青です。

090306sekkasei9.jpg

雪花青の表面はきらきらと光っています。粉じゃなくて薄片のようなもの。まるで、氷の結晶か雪の結晶が、雪花青の表面できらきらと輝いているようです。

ああ、それで「雪」の「華」なのね。

090306sekkasei10.jpg

で、見た感じは白いクッキーなんですが、食べてみると、ホワイトチョコレート。でも、普通のチョコレートの食感じゃないですね、これは。チョコレートとクッキーの間のような、不思議な食感。あまり、こういうタイプは食べたことないですよ?

090306sekkasei11.jpg

雪花青を食べようとすると、ふっと甘?いミルクの香りが漂って、思わずうっとり。

甘いの苦手な方には堪えられない甘さですが、甘いの大好きな人にとってはこたえられないな?という感じの甘い匂いです。

味的には、結構マイルドです。

美味しいので、ついつい食べちゃいますが、結構お腹にたまります。美味しいとついどか食いしちゃうわたしでも、3つ、4つが限度ですね。そう考えるとお得なのかも。

きらきら不思議な幻想世界の北海道銘菓「雪花青」、是非お試しを!

※注意事項:記事内のチョコレート販売情報は速報ですので、誤り・変更もあるかもしれません。お買い求めの際は、必ず各サイトで各自値段、送料、申し込み締切等の条件を確認の上、お買い求めください。

-□チョコレート実食レポート, ホワイトデー