ブランドチョコレートバレンタイン

ブランドチョコレートのネットショップ販売情報

□チョコレート実食レポート ▽メリーチョコレート:Mary's ▼だいまる:大丸 ▼たかしまや:高島屋 ▼とうきゅうひゃっかてん:東急百貨店

甘いミルクとほろ苦いビター、メリーチョコレートのバレンタイン、スクエアプレーン

投稿日:2008年1月20日 更新日:

スクエアプレーン70%&40%:メリーチョコレート:Mary’s

メリーチョコレートのバレンタイン用チョコレートを買ってみました。

080120marys6.jpg

買ったのは、スクエアプレーン70%&40%です。


こちらが、Mary’sのバレンタイン用パッケージ。写真には赤い感じに写っていますが、肉眼で見ると、ややピンクがかった赤、ワインレッド系の可愛い赤色のパッケージです。

080120marys2.jpg

原材料など。

080120marys3.jpg

包装紙を取ると、キラキラ金色の箱が。

080120marys4.jpg

ふたを開けると、これまたピカピカの包装紙に包まれたチョコレートが出てまいりました。

080120marys5.jpg

金色の包装紙がミルクチョコレート。黒い包装紙がビターチョコレートです。

今回は、我が家のだんなに食べさせることを想定して、「シンプルなチョコレート」ということで売り場で選んだらこのメリーのチョコレートになりました。

うちのだんなは、美味しければどのチョコレートでも食べますが、基本的に好きなのは、あれこれ入れてないプレーンなチョコレートなのです。

でも、店頭で見ても、トリュフとかそういうのが多くて、プレーンなチョコレートってなかなかなかったですね。

メリーチョコレート見つけて、「ほっ」です。

少し早いですが、家族みんなでMary’sのバレンタインチョコレートをいただくことにしました。

このチョコレートセットには、ミルクチョコレートが5個、ビターチョコレートが4個入っていたので、皆ミルクとビター1個ずつ、余ったミルクはいつもがんばってるパパが食べました。

080120marys6.jpg

写真の左が、ビターチョコレート、右がミルクチョコレートです。う?ん、このビターは、色から見てもかなり濃そうですよ。

早速いただいてみますと、ミルクチョコレートは割と甘くて、でも後味もまあまあ。ビターチョコレートは、結構ほろ苦くて、大人の味な感じです。

一番下の子は、ビターチョコレート一口かじって、苦いのがだめで、その後食べれませんでした。こどもには、厳しいかもしれませんね。

わたしが食べた感じでは、ビターは確かにほろ苦いですが、チョコレートの味もして、それなりにイケル感じはしたんですけどね。だんなも、苦いけど、まあまあいけるけどな、と言っておりました。

ミルクチョコレートは甘く、ビターチョコレートは結構苦い、このチョコレート。甘いのもほろ苦いのも両方入っているので、相手の好みがわからない時にいいかも。

メリーチョコレートの各種バレンタインチョコは、店頭でも手に入りますが、各百貨店のネットショップでも販売していますので、お出かけが大変な方、人混みを避けたい方などは、利用されると便利かと思われます。

メリーチョコレートは、高島屋・大丸松坂屋などの百貨店でお取り寄せできます。
☆リンク先サイトへ移動後、「メリー」で検索すると見つかります。

▶ 高島屋のバレンタインデー2017
▶ 大丸・松坂屋のバレンタイン2017

▶ メリーチョコレートのその他のブランドなど販売情報まとめはこちら

※注意事項:記事内のチョコレート販売情報は速報ですので、誤り・変更もあるかもしれません。お買い求めの際は、必ず各サイトで各自値段、送料、申し込み締切等の条件を確認の上、お買い求めください。

-□チョコレート実食レポート, ▽メリーチョコレート:Mary's, ▼だいまる:大丸, ▼たかしまや:高島屋, ▼とうきゅうひゃっかてん:東急百貨店