ブランドチョコレートバレンタイン

ブランドチョコレートのネットショップ販売情報

ブランドチョコレートバレンタインHOME > □チョコレート実食レポート > 松坂屋・大丸限定バレンタインチョコレートをお取り寄せ!トロアアーティザン|スペシャルアソート

松坂屋・大丸限定バレンタインチョコレートをお取り寄せ!トロアアーティザン|スペシャルアソート

松坂屋・大丸限定で、バイヤーが見つけてきたベルギーの注目ショコラティエのスペシャルアソートを、バレンタイン用に販売していたので、お取り寄せしてみました。

110207trois1.jpg

こちらが、そのスペシャルアソート。

トロアアーティザンというブランドになっています。

110207trois2.jpg

注目のショコラティエは、チョコフィーノ、デズワルテボス、ドゥルアーの3つ。

110207trois3.jpg

早速いただきましょう。

チョコフィーノ:ベルギー

まずは、チョコフィーノのチョコレートから。

チョコフィーノのヤン・ブロットさんは、チョコレートメーカーの企画の仕事から、チョコレート好きがこうじてショコラティエに転身した、という変わった経歴の持ち主。

早速、チョコフィーノのチョコレートをいただきましょう。

特に、解説のパンフレットとか入ってなかったので、管理人の舌で感じたまま書きますので、間違ってたら、ごめんなさいね。

チョコフィーノのチョコレートは、どれも甘い優しい味がする気がしました。

これは、ヘーゼルナッツのジャンドゥーヤっぽい。甘くておいしい!

110207trois4.jpg

ホワイトチョコレートに、I love youの赤いプリント文字が可愛い。

甘いガナッシュ、甘いフレーバー。

110207trois5.jpg

これって、この模様蜂の巣みたいな気がするんだけど、蜂蜜使いだったりするのかな。

中のガナッシュが、ちょっとナッツっぽい。

110207trois6.jpg

チョコフィーノは、どれも甘くて食べやすいです。

子供が喜びそうな味。

デズワルテボス:ベルギー:ゲント

デズワルテボスのチョコレートを一言で表すなら、スパイシー。

ハーブとショコラのハーモニーは、不思議な空間を生み出します。

まずは、ミントの香りっぽいチョコレート。

クランチ入りで、あまり甘くない。

110207trois7.jpg

トッピングにかかってるのは、アーモンドの粉だろうか?

中はホワイトガナッシュで、スパイシーだが、甘め。

110207trois8.jpg

上のトッピングは、ラズベリー?

やや洋酒っぽい大人の味で、あまり甘くない。

110207trois9.jpg

ということで、デズワルテボスのチョコレートは、どれもスパイシーで、甘さは控えめ。

お子様向けではなく、大人の味のチョコレートでした。

スパイシーさが、クセになりそうです。

ドゥルアー:ベルギー:ワロン

ラストは、ドゥルアーのチョコレート。

あっさり味のチョコレート。

110207trois10.jpg

トリュフだけど、これも甘さ抑え目。

110207trois11.jpg

こちらは、甘いミルクっぽいガナッシュをホワイトチョコレートでコーティング。

何かのフレーバーが・・・。

なんだろう?

110207trois12.jpg

ということで、ドゥルアーのチョコレートも割とホワイトチョコレート以外は、甘さ控えめな感じでした。

こうして、食べ比べてみると、ショコラティエによって、個性がありますねえ。

原材料とか。

110207trois13.jpg

また、今度は、それぞれのチョコレートをじっくり楽しんでみたいです。

おいしかった!

 大丸・松坂屋のバレンタイン2017

※注意事項:記事内のチョコレート販売情報は速報ですので、誤り・変更もあるかもしれません。お買い求めの際は、必ず各サイトで各自値段、送料、申し込み締切等の条件を確認の上、お買い求めください。

スポンサーリンク