ブランドチョコレートバレンタイン

ブランドチョコレートのネットショップ販売情報

ブランドチョコレートバレンタインHOME > ▽モロゾフ:morozoff:神戸 > モロゾフのバレンタインチョコレート「ラブランシュール/すずらん」を自分買いしました

モロゾフのバレンタインチョコレート「ラブランシュール/すずらん」を自分買いしました

ラブランシュール/すずらん:モロゾフ

モロゾフのラブランシュール/すずらんのバレンタインチョコレートを自分買いしてみました。

100202lablancheur1.jpg

白いボックスと、オーガンジー。銀色のすずらんのオーナメントがとても清楚で可憐な印象です。

今回はちょっと奮発して二段にしてみました。二段ボックスなら、トリュフが入ってるので、食べてみたかったんですよね。

まずは、モロゾフラブランシュールのふたを開けたところ。一段目。

100202lablancheur2.jpg

ブランシュールのBの文字がプリントされたチョコレート。

100202lablancheur3.jpg

雪の結晶型のホワイトチョコ。

100202lablancheur4.jpg

同じくその下にも雪の結晶型のチョコレート。どちらも食べやすい。

100202lablancheur5.jpg

丸いトリュフ。

100202lablancheur6.jpg

ミルク味ハートチョコ。

100202lablancheur7.jpg

ビター味ハートチョコ。どちらも定番。

100202lablancheur8.jpg

多角形の形のチョコレート。中身は、塩キャラメルっぽい。

100202lablancheur9.jpg

二段目のトリュフ。

100202lablancheur10.jpg

甘いミルクチョコっぽい感じのトリュフ。

100202lablancheur11.jpg

ちょっと水色?みたいなトリュフ。

100202lablancheur12.jpg

レモンっぽい味のトリュフ。

100202lablancheur13.jpg

こちらもトリュフ。

100202lablancheur14.jpg

ラブランシュールの原材料。

100202lablancheur15.jpg

モロゾフラブランシュール/すずらんまとめ

今回はちょっと大人な感じのチョコが多かったです。

トリュフは、そんなにきつくはありませんが、ほんのり洋酒が香ります。

上側のチョコレートも、中のガナッシュとかが、定番よりややいろいろ遊んでいる感じです。

そのため、定番好きのこどもは、ちょっと食べにくかったみたい。

前回、前々回いただいた500円クラスのロブソワールやラウレアは食べやすかったので、ラブランシュールの500円もチェックしてみたところ、割と食べやすそうに見えました。

たぶん、二段セットとか、値段が上がってくるにつれ、大人っぽいチョコレートの味になるんじゃないかな。

対象年齢、大学生以上な感じでした。

モロゾフのチョコレートは各百貨店で購入できます。

☆各百貨店へ移動後「モロゾフ」で検索すると見つかります。

 高島屋のバレンタインデー2017
 大丸・松坂屋のバレンタイン2017
 阪急百貨店オンラインショップ
 阪神百貨店オンラインショッピング
 【三越】2017 三越のバレンタイン
 東急百貨店ネットショッピング
 近鉄百貨店
 小田急百貨店


※注意事項:記事内のチョコレート販売情報は速報ですので、誤り・変更もあるかもしれません。お買い求めの際は、必ず各サイトで各自値段、送料、申し込み締切等の条件を確認の上、お買い求めください。

スポンサーリンク