ビタントニオ 手作りおやつ 簡単お手軽メニュー・野菜レシピ

ビタントニオでたい焼きを上手に焼く4つのポイント

投稿日:2008年1月17日 更新日:

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーでたい焼きに挑戦!

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカー2008年プレミアムセットを買って、何が一番やってみたかったと言えば、やっぱりたい焼きを作ること。たい焼きを自分で作るって、何かこうすごいわくわく感みたいなものが、ないでしょうか?

080117tai1.jpg

1回目のたい焼きはこちら。

実は、ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーでたい焼きに挑戦するのは、2回目。1回目のたい焼きは、表ブログの「和菓子ハンターが行く!」で新年あいさつ用の記事としてアップしています。

写真を見ていただければわかりますが、生焼けというか、焼きムラが出来てしまって、たい焼きをやくのは、ワッフルを焼くほど簡単ではなさそうだぞ、と思いました。

が、ちょっとしたコツをマスターすれば、意外とすぐに上手に出来るようになりました。今回は作っている時の写真をまじえながら、そのコツをご紹介したいと思います。

コツその1:油は必要最低限に薄くひく!

まずは、サラダ油をたい焼きプレートに塗るのですが、この時、サラダ油を塗りすぎると、できあがったたい焼きが油でぎとぎとしてしまいます。カリっとしたたい焼きに仕上げるには、サラダ油の量を必要最低限に薄くひくのが、ビタントニオでたい焼きを上手に焼く一つめのポイント!

最初、自分は刷毛でサラダ油をぬったのですが、それでは、上側のプレートの油がつーっと、たれるくらいついてしまい、塗りすぎになってしまいました。

今回は、ペーパータオルにサラダ油を含ませて、塗ると、いい感じに焼けました。

ただし、塗る際に、やけどに注意!

いかにして、上側の生地をうまく焼くか?

さて、ビタントニオでたい焼きを焼くのと、屋台のたい焼きやさんなどで、たい焼きを焼いているのとで、火力や、電気がガスかとかを除いて、一つ大きな違いがあるんですが、皆さん、思いつきますか?

それは、型をひっくり返せないこと!

屋台でたい焼きを焼いているのを観察するとわかりますが、たい焼きやさんでは、下の生地にあんこをのせ、上の生地をかけて、上の型を閉めると、くるりと、型を反転させます。そうすると、最初上側だった生地にも、ちゃんと火が当たって焼くことができます。たい焼き自体も自分の重みで、最初上で今は下の側の型へつくでしょう?

ところが、ビタントニオでは、型を回転させることができません。それは、どういうことかと言うと、ふくらみが足りなければ、上側の生地が上側のプレートにあたらず、うまく焼き色がつかず、生焼けっぽいたい焼きになってしまうということです。

実際1回目に作った時は、生焼けたい焼きもいくつか出来てしまいました。

残り3つのポイントは、上側のプレートに生地をあて、焼き色をつけるためのポイントです。

コツその2:下側の生地はすれすれちょい下まで

最初に下の型に生地を流し込む時、添付のレシピでは、「型の半分ほど生地を流し込む」とあるのですが、あまり少なすぎると、上の型に生地があたらず、生焼けとなる原因になります。

自分がした感触では、生地を入れたらすぐふくらんできますが、ふくらんだ生地が型からあふれない程度。型いっぱいより、ちょっと少なめくらい、かな。

コツその3:あんこは高さを出して

上のプレートに生地をあてるための高さをどう稼ぐか?それは、ずばりあんこの高さ。

あんこをのせる時、下の生地に押し込まずに、なるべく高さをだして、あんこをのせます。こんな感じ。まあ、これは、ちょっと高さを出しすぎな気もしますが。

080117tai2.jpg

ただし、あんこをのせた分、生地が型から押し出されて、はみ出してしまうので、はみ出しすぎないように注意!焼いている時にプレートからはみ出て、電熱線(?)の方へまで入り込むとたぶん故障の原因になります。

コツその4:上側の生地はあんこを隠すように

あんこをのせたら、上側の生地は、どばっとのせるのではなくて、あんこを隠すように、やや細めにたらしていきます。ちょっと一連の作業を見てみましょう。

下の生地にあんこをのせました。(このあんこののせ方は、ちょっとへたでした。)

080117tai3.jpg

上の生地を垂らして、あんこを隠しました。生地がはみ出しすぎか、ちょっと心配。このあと、プレートを閉じて、約4分焼きます。

080117tai4.jpg

上の型へくっついちゃいましたが、出来上がりです。

080117tai5.jpg

できあがったミニたい焼きです。

080117tai6.jpg

周りにはみ出た生地がくっついていますが、これを落として出来上がり。お店でも、屋台でじっと見ているとわかりますが、出来上がりは、生地がはみ出ているのもあって、お店の人が落としていることもありますよ。

実は、このはみ出した生地、食べてみると意外とおいしい。なんとなく、炭酸せんべいを連想する味です。薄くかりかりに焼けていて、ほんのり甘くて、ちょっといいかも。

(※注:管理人は、ミニたい焼きの型から生地がはみ出ても、プレート自体からはみ出ないように焼いています。取扱説明書では、「たい焼き型から生地がはみ出ないように」とあります。おそらく、本体に生地が流れ込むと故障の原因になるのではと思われます。取り扱い説明書記載以外の操作は、壊れても、責任持てませんので、自己責任でよろしくお願いします。)

たい焼きの表裏

屋台でたい焼きを買った時、片方は、あんこが見えているようなたい焼きもあって、どうしてだろう?と思っていましたが、自分で焼いてみて、わかりました。

こちらが、最初下だった方の生地。

080117tai7.jpg

そして、こちらが、上だった方。あんこの上から、生地をかけていくので、どうしてもあんこが見え隠れするみたいですね。

080117tai8.jpg

ほかほか美味しいミニたい焼き

さて、できあがったミニたい焼き。早速いただくと、外はかりっ、中はちょっともちっ、粒あんはほかほかで、お店のたい焼きにかなり近い味のように思えました。

080117tai9.jpg

ただ、なにぶん、たい焼きが小さいので、食べ盛りの子が二人もいると、次々焼いても、「ちょっと待ってね。」といいながらのおやつになります。我が家は、一人が、3個か5個くらいは、食べるでしょうか?

でも、好評なので、母、がんばって、たい焼き焼きますよ!

080117tai10.jpg

皆さんも、たい焼き、お家で焼いてみませんか?

ビタントニオたい焼き情報

たい焼きを作るには、Vitantonio ポワソンプレート(ミニたい焼きプレート)が必要です。

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカー本体を持っていれば、別売でたい焼きプレートだけ購入できます。(プレートだけ買うのも、1500円以上送料無料のアマゾンがオススメ!

ビタントニオワッフルホットサンドベーカー販売情報

更新日:2018/8/18

ビタントニオ/Vitantonioワッフル&ホットサンドベーカー2013年限定モデルはピンク!

▶ ホットサンドプレート、たい焼きプレート、ワッフルプレートつき

▶ ホットサンドプレート、ワッフルプレートつき

▶ プレートも単体で購入できます。マドレーヌプレートほしいかも。アマゾンのサイトの商品説明を見る限りでは、旧型のワッフルメーカーと新型のワッフルメーカー、プレートはほぼ互換性があるみたいですね。良かった♪ただ、何機種かプレートの互換性がないものもあるようなので、購入される時は、サイトでご自分のワッフルメーカーに使えるかどうか確認してくださいね。

▶ ビタントニオワッフルandホットサンドベーカー2008年プレミアムセット関連記事一覧を見る

-ビタントニオ, 手作りおやつ, 簡単お手軽メニュー・野菜レシピ

関連記事

エリンギのバターしょうゆ炒め

ここは北海道!?やお九州野菜使い倒しレポート5日目|エリンギのバターしょうゆ炒めがマジ旨!

肉じゃがが食べたい、と言い残して出かけたので、お昼は冷凍しておいた牛肉でレンジで肉じゃがをすることに。 さらに、もう一品、やお九州さんの野菜で何かできないかな、と思って作ったのが、「帆立みたい!エリン …

手作りクリスマスケーキ

クリスマスケーキを自宅でこどもと美味しく楽しく作る7つのポイント

皆さんは、クリスマスケーキは、お店派ですか?それとも自分で作る派ですか? 我が家は、数年前までは、お店で注文していましたが、ここ数年はこどもが手作りしたがることもあって自宅で手作り派です。

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーでピザ風サンド

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーで作るピザ風サンド作り方手順の写真

先日の記事で、簡単ピザ風ホットサンドのレシピを書きましたが、今日はちょっと余裕があったので、作っている途中で写真を撮ってみました。 まずは、パンにとろけるスライスチーズをのせ、スライスして電子レンジで …

ピーチかぶとベーコン/ハムのにんにく炒め

レシピ:ピーチかぶとベーコン/ハムのにんにく炒め

オイシックスのピーチかぶ、美味しいですね。ホワイトソース系が苦手な方には中華味で炒めるのがおすすめ。是非一度トライしてみてください。 ▼材料:ピーチかぶ2株、無塩せきスライスベーコンまたはスライスハム …

キャベツとベーコンの中華スープスパゲティ

簡単!キャベツとベーコン(ハム)の中華スープスパゲティ

キャベツを使って、とても簡単にできるスープスパゲティです。ベーコンかハム、どちらかお好みの方を使ってください。これから春休みに突入するので、家族のお昼ご飯にもお手軽です。